TAKAIDO COOLFLOW
沿革

1922年5月 創業者飯田丑蔵が豊多摩郡高井戸村大字下高井戸(甲州街道)において、馬車による陸上小運搬業をはじめる。
1956年8月 一般区域貨物自動車運送事業の免許を取得し、三輪自動車3台による運送業『高井戸運送店』を営業開始。
1968年3月 株式会社中村屋様より笹塚工場から都内店舗への運送依頼を受ける。
沿革4
沿革3
沿革1
沿革2
1956年(昭和31年)8月『高井戸運送店』営業開始当時 設立当時の各種申請書類他、創業者飯田丑蔵の履歴書など、貴重な資料の一部 昭和35年頃(1955年)当時 昭和45年頃(1970年)当時
1969年11月 杉並区高井戸東に用地取得し高井戸運送株式会社として法人化。車両数20台。
1989年10月 事業拡大により本社、営業所を杉並区下高井戸に用地取得し移転。車両数50台。
1991年3月 神奈川営業所を開設し中村屋様神奈川工場から輸送委託を受ける。
1991年8月 所沢営業所を開設し埼玉県に進出。車両数70台。
1994年5月 神奈川県綾瀬市に神奈川支店設置。混載便の拡大を図る。
1998年8月 冷凍冷蔵施設の完備した東京物流センターが完成。車両数100台突破。
1999年2月 西東京物流センター開設。在庫管理から配送までのトータルサービスを提供。
2000年9月 神奈川支店、綾瀬工業団地に移転し神奈川物流センターと改称す。
2001年2月 無事故表彰制度を制定し、安全管理とドライバーの質的向上を図る。
2003年4月 2温度帯(2室式)冷凍車とパワーゲート車を増車し、食材店舗配送の品質向上と輸送能力向上を図る。車両数150台。
2004年7月 3PL事業が経営革新支援法の認定受ける。
2004年11月 グリーン経営認証受ける。(東京・神奈川・西東京)
  ▲ページ最上部に戻る
2004年12月 安全性優良事業所認定受ける。(瑞穂)
2005年5月 埼玉県杉戸町に埼玉物流センター竣工。
2010年1月 西東京物流センター倉庫にチルド仕分場を設置。
2012年5月 弊社代表 飯田勇一が社団法人 東京都トラック協会杉並支部支部長に就任。
2013年9月 機構改革および業務拡大に伴い、西東京物流センターが武蔵村山市伊奈平より、西多摩郡瑞穂町に移転し、同時に名称を「瑞穂物流センター」に改める。また、神奈川物流センターを「綾瀬営業所」、埼玉物流センターを「杉戸物流センター」に改称。
2014年4月 全車輛に、デジタルタコグラフ、ドライブレコーダーを完備
2014年7月 綾瀬営業所を厚木IC隣接地に移転、同時に「厚木物流センター」と改称。
2016年5月 相模原物流センターを開設。
2017年8月 社名を『TAKAIDOクールフロー』に改称。
>代表ご挨拶   >会社概要

 

  ▲ページ最上部に戻る
  ▲HOMEへ戻る